箕面・滝道エリア

  • 音羽山荘

    大正時代建築のレトロな木造建築のおもむきそのままに、自然に囲まれた歴史ある空間を作り出しています。 旬の食材にこだわったお料理と心をこめたおもてなしが評判です。 滝道を眺めながら入れる足湯や、岩盤浴などがあり、宿泊施設・結婚式場としてもご利…

  • 箕面駅前ふれあいプラザ朝市

    市内で栽培された野菜、花きや椎茸など旬の地元産を豊富に揃えています。
    「大阪エコ農産物」(大阪府が推奨する減農薬野菜)の販売コーナーを設けています。…

  • 大江戸温泉物語 箕面温泉スパーガーデン

    2013年10月26日にリニューアルオープンした 大江戸温泉物語 箕面温泉スパーガーデン。療養泉、またの名を「命の温泉」 として愛されてきた箕面温泉を楽しむには、選べる素敵な浴衣に着替えて 「お風呂」「お食事」「縁日」「盆踊り」などを楽しむ…

  • 箕面川ダム

    箕面川ダムは、治水を目的として昭和57年に完成したダムです。 豊かな自然を守るため、自然の保護と回復に配慮して建設され、現在では本来の自然を取り戻しています。 水と緑の景観を楽しみながらダム湖を周遊することができます。ダム付近に駐車場はあり…

  • 郷土資料館

    市内の遺跡から出土した銅鐸、石器などの考古資料を展示。また、郷土の理解を深めるための企画展や講座、学習会を行っています。…

  • ガレリア

    箕面駅前にある箕面の新しいシンボルスポット。 ガレリアと呼ばれる屋根の真下で声を出すと、びっくりするほど自分の声が反響します。…

  • ゆずるマンホール

    箕面市内で唯一、「滝ノ道ゆずる」がデザインされたマンホールです。携帯電話やスマートフォンで写真を撮り、それを待ち受け画面にすると良いことがあると噂になっています。 どこにあるか探してみてください。…

  • ゆずるベンチ

    箕面市のPRキャラクター「滝ノ道ゆずる」の石像がちょこっと座っている可愛らしいベンチです。 ここに座ってゆっくりまったり過ごすのもよし、待ち合わせ場所にするもよし、ゆずると写真撮影をするのもよし!箕面のおすすめ写真スポットで、滝ノ道ゆずると…

  • エキスポ’90 みのお記念の森

    大阪市の鶴見緑地で開催された「花博」を記念して大阪府により整備されました。四季の花が楽しめる「花の谷」や野外学習の場として活用できる「芝生広場」、晴れた日には遠く六甲山まで見渡せる「展望塔」 などの施設があります。6月頃にはモリアオガエルの…

  • 箕面さくら並木通り

    「大阪府緑の100選」にも選ばれている、市道才ヶ原線と箕面駅へ続く道は満開の桜並木。 まるで桜のトンネルをくぐるかのようです。…

  • 梅屋敷休憩所

    昔の梅屋敷の面影をそのままに再建、家屋内の網代造りの天井がその当時をしのばせます。今は、一の橋からの最初の休憩所として、また公園関連のイベント会場として利用されています。…

  • 野口英世像

    黄熱病の研究で有名な世界の医聖野口英世。15年間のアメリカ留学から一時帰国の際、待ちわびていた母を連れ箕面に立ち寄り、老いた母を慰めました。滝道の料亭「琴の家」で開かれた歓迎の宴の席で、老いた母をかいがいしくいたわる博士の孝行のようすは皆の…

  • 箕面ビジターセンター(政ノ茶屋園地)

    政ノ茶屋園地は、標本展示を行う展示室と図書資料を有する講義室、施設管理棟からなる箕面ビジターセンターのほか、駐車場、トイレ、お弁当を広げて休憩のできる「もみじ広場」と散策路などが整備されています。東京都の明治の森高尾国定公園までを結ぶ東海自…

  • もみじの足湯

    誰でも気軽に利用できる足湯が阪急箕面駅にオープン。 足湯につかりながら市内を巡る計画を立てたり、駅前周辺での買い物途中や瀧道散策の帰り道など、 四季折々の自然を満喫したあとに、足の疲れを癒しませんか。 足湯に入るともらえるオリジナルタオルは…

  • 箕面公園昆虫館

    昆虫が苦手な方でも楽しめる工夫を凝らした展示が人気。 身近な昆虫の紹介や疑問に答える展示はいつも替わっていて、新しい発見をする楽しみが増えます。一年中チョウが飛んでいる放蝶園ではチョウが近くによって来るので、そっと観察しよう。 土日祭日は、…

  • 唐人戻岩

    大門橋にさしかかるところにある2つの大きな岩。 昔、この付近が山深く険阻なころ、唐の貴人が箕面大滝の評判を聞きこの巨岩まで来たが、あまりの山道の険しさに恐れをなし引き返したとの伝説があり、唐人戻岩という名が付いたといわれています。…

  • 箕面川床

    明治から昭和にかけて、箕面川沿いには河川に張り出した茶店や休憩所が設置されていました。これが「箕面川床」の始まりです。その後、洪水などによりなくなってしまった川床ですが、箕面川床協議会と箕面市観光協会により2年間の社会実験を経て平成24年か…

  • 6月上旬頃からゲンジボタルが河原で発光する様子が見られ、河原以外にも池や水路などでヘイケボタル、竹藪や草地でヒメボタル、竹藪や山道ではクロマドボタル(幼虫)が発光するのを見ることができます。なお、滝道(箕面公園内)は一般車両の通行が禁止とな…

  • 聖天宮西江寺

    斉明天皇4年(658)、役行者によって仏教の修行地として開かれた大聖歓喜天と蟲供養で有名なお寺。 大歓喜天と十一面観音菩薩を祀った日本最初の根本霊場です。買うと良縁が得られる「懸想文」が有名です。 秋の紅葉の美しさは格別ですが、紅葉が終わる…

  • 明治の森 箕面国定公園

    明治の森箕面国定公園は、昭和42年に「明治百年」を記念して東京都の高尾山とともに国定公園に指定されました。 公園は、箕面市北部の低山岳地帯(標高100-600m)に位置し、昔から紅葉と落差33mの箕面大滝で有名な府営箕面公園とその周辺の森林…

  • 紅葉

    関西随一の紅葉の名所・箕面。 荘厳な箕面大滝と紅く燃えるもみじの織りなす姿は絶景です。 南北に長い渓谷の箕面公園は、日当たりや木々の種類によって紅葉の時期に差が見られ、その差がグラデーションとなって長い間紅葉をお楽しみいただけます。…

  • 箕面大滝

    明治の森箕面国定公園にあり、「天下の名瀑」として知られる 箕面大滝。「日本の滝百選」にも選ばれている大滝の落差は33m あり、岸壁から水が一気に流れ落ちる様子はとてもダイナミック です。箕面大滝の流れ落ちる姿が農具の「箕」に似ていることから…

  • 箕面山瀧安寺

    日本四弁財天の一つである本尊の弁財天は、日本最初にして最古であると伝わっています。開基は白雉元年(650)に役行者が箕面寺を建立したのが始まりといわれ、修行道場として発展しました。 寺名は後醍醐天皇の勅額を賜って瀧安寺と改称されました。 宝…

topへ戻る