箕面のゆずをご存知ですか

箕面のゆずをご存じですか
ゆず

接ぎ木で栽培されるのが一般的なゆず。
箕面市止々呂美(とどろみ)地区で栽培されている「箕面のゆず」は、そのほとんどが種から育てる「実生(みしょう)栽培」です。接木で育てる一般的なゆずに比べ、香りが高く、大粒で、高級品とされています。

発芽半年後
約18年もの歳月を経ます
8月青ゆず
11月完熟
8月青ゆず
「箕面のゆず」は特別

自然豊かで水と空気が素晴らしい、箕面北部の止々呂美(とどろみ)地区で育つ「箕面のゆず」は、全国に5,000本しかないといわれている「実生ゆず」です。
「実生ゆず」は接木ではなく種から15?16年もの時をかけて育てられ、やっと収穫できる希少なゆずで、大粒で大変豊かなその香りは、接木のものとは比べようもないほど素晴らしいものです。自分の力で成長し、木自体に力があるから、ゆず本来の美味しさがあります。
「実生ゆず」の木は、人の手と山の恵みにゆだねられ、100年、200年とその命を繋げ、私たち日本人の食文化として育まれています。

ゆずのPOWER

柑橘類の中では特に耐寒性が強く、消化作用、解毒作用があることから花言葉は「健康美」。
ゆずの爽やかな酸味は「クエン酸」が豊富なためで、疲労回復、体力増進、カルシウムや鉄分の増加、食中毒の予防に役立つといわれています。
食べるだけでなく、その香り(精油)にも効果があり、鼻孔から入って大脳を刺激し、気分をリフレッシュさせ、体内に浸透し、血管を広げて血流をよくします。

「箕面のゆず」食べる!買う!

滝ノ道ゆずる

実生ゆずを使ったレシピ

2013年12月7日に箕面駅前野外ステージで行われたイベント「ゆずを感じろ!! 箕面ゆずフェス」で、大阪青山短期大学調理製菓学科がプロデュースし、「ゆずカフェ」を一日限定でオープンした。ゆずほっとドリンクや、ゆず&チョコチップのパウンドケーキ、たっぷり野菜とパスタ入り熱々スープ~ゆずの香り~などが販売された中、購入いただいた方から、レシピを教えてほしいという声があり、今回特別にスープのレシピを紹介!

大阪青山大学短期大学部・調理製菓学科
「ゆずカフェ」メニューPDF
滝ノ道ゆずる
topへ戻る